救命救急の講習会を行いました。 | 株式会社RIPLIE

タイトル

救命救急の講習会を行いました。

こんにちは。ここえみ保育園です。

本日は救命救急の園内研修を行いました。

実際に人形を用いて心臓マッサージを行ったり、AEDの使用方法についての理解を深めます。

今回は、ALSOKさんにお越しいただき、使用方法や救命救急の流れなどを教えていただきました。

チームを組んで一連の流れを確認しました。

倒れている人を発見した時には、まず大声で協力を求めることが大切です。

できる限り2名以上の協力者を呼び、119番通報する・AEDを持ってくるをそれぞれに指示します。

AEDの電源を入れ、音声ガイダンスに従い手順を進めます。

パッドを貼り、心電図が自動解析され、必要であればショックを行い、直ちに心肺蘇生を行います。

保育士も順番にテストを行います。

強さ・場所・リズム等を確認しながら一人ひとり順番に行いました。

一人1分間の胸骨圧迫法の心臓マッサージのテストです。

垂直に体重が加わるように腕をまっすぐに伸ばすことがポイントです。

1分間の心臓マッサージは、とても大変でした。

119番通報してから救急車が現場到着所要時間は約10分弱です。

10分間の心肺蘇生を一人で行うことはとても難しいことです。

まずは、一人でも多くの協力者を集めることが大切です。

今後も定期的に講習を受け、もし現場に遭遇した場合に

出来るだけ冷静にできるように、職員間での声掛けをしていきたいと思います。