第一回育児講座を開きました。 | 株式会社RIPLIE

タイトル

第一回育児講座を開きました。

こんにちは。ここえみ保育園です。

先日は断続的な大雨により、松山市ほぼ全域に警戒レベル3が発令され、皆様も不安な一夜を過ごされた事と思います。

平成30年西日本豪雨や、忘れてはならない東日本大震災での教訓や身近な防災について、様々な講演や研修会での情報や実体験談をもとに、ここえみ保育園でも防災マニュアルを日々見直しています。

災害はとても恐ろしいですが、生命を守るためにはまずは避難することが大切です。

自己判断は危険です。自治体の発令に応じて迅速な避難を心掛けましょう。

そして、次なる問題は避難所での待機時間。乳幼児を連れての避難所での時間がどれほど続くかも想像できない中、避難準備はとても大変です。

そこで、ここえみ保育園では、手作りの防災頭巾を用意することにしました。

バスタオル一枚で、子どもたちの頭をしっかり守り、ポケットにはおむつや着替えを備えることができます。

そして、何より、お家の方のおもい、お家のにおい、温かさが備わっています。

防炎機能はありませんが、避難所では糸をほどくとバスタオルに早戻りです。

そこで、手作り防災頭巾の用途や作製意図を保護者の皆様にお伝えさせていただき、今年度のここえみ保育園育児講座として開催することにいたしました。

先日の土曜日に第一回目の育児講座を開き、保護者の皆様とおしゃべりを楽しみながら、作成しました(^^♪

一枚のバスタオルを広げて、一針一針思いを込めてチクチク・・職員も一緒に作製しました。

Kくんは赤ちゃんの時に使っていた思い出のバスタオルを持参してくださいました。

だんだん形になってきましたよ!

しっかり頭を守るために、一人ひとりに合わせて顎のゴムの位置を決めます。

おしゃべりをしながらも、あっという間に仕上がりました(^^♪

三つの大きなポケットには着替えやおむつを入れて準備しておきます。

そこで、Hくんのお母さんから

「着替えやおむつはジップロックに入れてから用意するといいですよ」

とアドバイスをいただきました!!

なるほど!!そうすれば、防水にもなるし、避難所でおむつを替えた時の処理にも困らないですね!!

三人寄れば文殊の知恵と言いますが、こうやって保護者の皆様とも多くの情報や知恵を共有する機会を大切にしていきたいなと、改めて感じました。

また、第2回・第3回で参加される保護者の皆様との交流も楽しみにしております(^^♪

お忙しい中ご参加いただきました保護者の皆様、どうもありがとうございました。